ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

新宿ミラノ1 ★★☆


写真1~8:2009年6月28日(日)のミラノ座前。「第3新歌舞伎町宣言」のコスプレイベント。私はただの通りすがり。この日は『ターミネーター4』を観たので。あ、でもちゃっかり『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のクリアファイルをもらっちゃいました。

写真9~12:こちらは映画を観た日に新宿ミラノ1内で撮った写真。関連商品が沢山。ロビーに展示されていたフィギュア。イベント時にあったものと同じ物だが、零号機ははじめて? だったらちゃんと写真を撮ればいいのに、と言われちゃいそうだけど、ま、そんな熱心なファンじゃないんで。

■未だ不明なり

「エヴァンゲリオン」のことは「ヱヴァンゲリヲン」でしか知らないので、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の時も混乱しているうちに終わってしまったくらいで(最初だったので今回よりさっぱりだった)、こんなだから私が何かを書いてもロクなものになりそうにない。なので、感想はパスするつもりでいたが、そうすると次作の時にまた混乱してしまいそうなので(一応次のも観るつもり。ここでやめたら馬鹿らしいので)、メモ程度になってしまいそうだが、それを残しておくことにした。エヴァンゲリオンに詳しい人からみたら噴飯ものになっていそうだが、こういう観客もいるっていうことで……。

使徒の正体が不明なのはともかく、それがぽつんぽつんとやってくるのが相変わらずわからない。一気に攻撃したらひとたまりもなさそうなのに、それが出来ない、もしくはそのことに気づいていない理由でもあるのだろうか。相手が人間とは違う思考形態ということも考えられるが、この設定はまるでテレビ放映に合わせているかのようで、でもそれじゃあさすがにおかしいと気づいたのか、今回は多少だが、矢継ぎ早の使徒登場という感じになっていた。

そもそも使徒ばかりでなく、どういう状況に世界がなっているのかということすらなかなか明かにならない。今回で言えば、セカンドインパクトによって海は赤くなってしまい、水族館のような所(海を元に戻すための研究所)で、セカンドインパクト前の生き物を見たりしているのだが、それにしては第三新東京市の日常は、ごくごく普通のもので、防災都市として造られている部分を見ていなければ、とてもセカンドインパクト(というかこれだって?)後とは思えない風景なのだ。

だからシンジたちが学園生活を送っていること自体がまったく現実感のないものなのだが、あまりにも当然のようにそこには日常があるので、どう解釈すればいいのかとまどってしまうのである。

それに、よくぞ第三新東京市を造る暇(余裕と言うべきか。たんなる再建じゃないんだから)があったなと。第三新東京市と称してはいるが、他にもこういうところがあるのか。世界的にはどうなのか。ネルフというのは何でも国連の直属の非公開組織らしいんだが(これはネット出調べたのな)、そんなこと言ってたっけ。で、何で本部が第三新東京市で、シンジの父親ゲンドウが総司令なんだ(ここまで言っちゃったら身も蓋もなくなるが)。

にしては、バチカン条約とやらを急に持ち出してきて、各国のヱヴァンゲリヲンは三体までに制限されているという。各国のエゴがからんでいるらしいのはセリフからもわかったが、でも軍縮で牽制し合っているわけじゃあるまいし、使徒という人類共通の敵に対抗するのに制限……って、そうか、これはヱヴァンゲリヲンが貴重品なため割り当てを決めているだけとか? ってことはネルフの本部があってもそこまでは自由にならないんだ?

これだけ説明が不十分でよく客がついてきているものだと、別のところに感心してしまうが、この不親切さはテレビ時代からのものらしい、って。はぁ。この作品の魅力って、もしかしたら謎だらけだから、とかねぇ。

父親との確執というか、ただ父親に認めてもらいたいだけのシンジがまたまた出てくるのだが、これもなぁ。巻頭の母親の墓参りで「父さんと話せて嬉しかった」ってシンジが言うのだけれど、十四歳の子供が父親にこんなこと言うかしら(たとえ思っても口には出さないんじゃ)。

ヱヴァンゲリヲンの搭乗員が、シンジ以外は女の子って、これもすごい設定なんだけど(職員も女性が多いんだから!)、それぞれが少しずつ信頼関係を築いていって、協力して使徒を倒していって、ついにはシンジとレイとで「初号機の覚醒がなった」のな。はは。裏コードがあったり、エネルギーが切れて活動限界にあるのに動いちゃって、ヱヴァにこんな力があったとは、って驚かれちゃってもですね。ま、覚醒に至る伏線は、巧妙に貼られてはいましたがね。

「世界がどうなっても綾波だけは絶対助ける」って、シンジってこんなだったんだ。けど、異常なまでの綾波レイ人気が私にはよくわからないんで(レイが孤独にしているような部分と「私も碇君にぽかぽかしてほしい」というセリフに違和感を感じてしまうからかなぁ)、シンジの快挙にも「やったぜ」とはならず。

あと、戦闘場面で、三百六十五歩のマーチ、今日の日はさようなら、翼をください、って、ちょっとない発想だよね。曲をリアルタイムで体験してきた身にとっては恥ずかしいだけなんだもの。って、もうこのへんでやめとくわ。あ、でも人類補完計画は? ヱヴァの仮設5号機って? パイロットなしのダミーシステム? ?が沢山過ぎで、未だ不明なり。

  

2009年 108分 ビスタサイズ 配給:クロックワークス、カラー

総監督・企画・原案・脚本:庵野秀明 監督:摩砂雪、鶴巻和哉 キャラクターデザイン:貞本義行 メカニックデザイン:山下いくと 作画監督:鈴木俊二、本田雄、松原秀典、奥田淳 原画:橋本敬史、西尾鉄也、小西賢一、山下明彦、平松禎史、林明美、平田智浩、向田隆、田中達也、高倉武史、朝来昭子、奥村幸子、押山清高、室井康雄、板垣敦、合田浩章、柿田英樹、飯田史雄、桑名郁朗、羽田浩二、松田宗一郎、コヤマシゲト、川良太、上村雅春、すしお、錦織敦史、吉成曜、高村和宏、今石洋之、前田明寿、寺岡巌、高田晃、田村篤、鈴木麻紀子、横田匡史、長谷川ひとみ、鎌田晋平、北田勝彦、黄瀬和哉、前田真宏、庵野秀明、鶴巻和哉、摩砂雪、小松田大全、中山勝一、増尾昭一、鈴木俊二、松原秀典、奥田淳、本田雄 第二原画:松尾祐輔、竹内奈津子、矢吹佳陽子、吉田芙美子、西垣庄子、益山亮司、関谷真実子、茶山隆介、矢口弘子、ジョニー・K、柏崎健太、小磯沙矢香、城紀史、阿部ルミ、平松岳史、岡穣次、井下信重、立口徳孝、松本恵、久保茉莉子、大原真琴、杉浦涼子、竹上充知子、大薮恭平、何愛明、斎藤梢、小野和美、大洞彰子、諏訪真弘、鶴窪久子 撮影監督:福士享 美術監督:加藤浩、串田達也 編集:奥田浩史 音楽:鷺巣詩郎 CGI監督:鬼塚大輔、小林浩康イメージボード:樋口真嗣、前田真宏 デザインワークス:高倉武史、渡部隆、佐藤道明、鬼頭莫宏、あさりよしとお、本田雄、増尾昭一、小松田大全、小林浩康、松原秀典、鈴木俊二、奥田淳、鶴巻和哉、コヤマシゲト、庵野秀明、吉浦康裕、きお誠児、浅井真紀、okama、前田真宏 作画監督補佐:錦織敦史、奥村幸子、貞本義行 色彩設計:菊地和子 動画検査:寺田久美子、犬塚政彦 特技監督:増尾昭一 副監督:中山勝一、小松田大全 デジタル演出:鈴木清祟 画コンテ:鶴巻和哉、樋口真嗣、橘正紀、佐藤順一、山本沙代、増井壮一、錦織敦史、合田浩章、小松田大全、中山勝一、摩砂雪、庵野秀明

声の出演:緒方恵美(碇シンジ)、林原めぐみ(綾波レイ)、宮村優子(式波・アスカ・ラングレー)、坂本真綾(真希波・マリ・イラストリアス)、三石琴乃(葛城ミサト)、山口由里子(赤木リツコ)、山寺宏一(加持リョウジ)、石田彰(渚カヲル)、立木文彦(碇ゲンドウ)、清川元夢(冬月コウゾウ)、長沢美樹(伊吹マヤ)、子安武人(青葉シゲル)、優希比呂(日向マコト)、関智一(鈴原トウジ)、岩永哲哉(相田ケンスケ)、岩男潤子(洞木ヒカリ)、麦人(キール・ローレンツ)

映画は映画だ

新宿ミラノ1 ★★★

新宿ミラノのチケット売り場前。舞台挨拶のあった回は満席

■ヤクザはヤクザだ

ポン監督からリアルな演技を求められた映画俳優のスタは、アクションシーンの立ち回り(韓国語でも「タチマワリ」なのね)で熱くなり、共演者を二人も病院送りにしてしまう。危険人物と目され相手役が見つからなくなったスタは、窮余の策でヤクザのガンペを担ぎ出す。彼の本物のリアルさには、たまたま居合わせたクラブでポン監督も驚嘆していたし、何よりガンペは元俳優志望だった。状況を聞かされてもガンペがひるむはずもなく、スタに「マジでやるなら」という条件まで出してくる。こうして演技は素人ながら喧嘩は本物のガンペと、ちょっぴり高慢なスタとの真剣勝負のような撮影が始まることになる。

スタとガンペの描き方が面白い。服装を白と黒にして映像的にも対照的な二人と印象付けているが、似たもの同士に他ならない。二人も途中で気づいたようだ。でなきゃ映画のこととはいえ、延々と意地を張って殴り合いを続けたりはしないだろう。ガンペはさすがに圧倒的な強さを見せつけるが、スタも俳優歴を武器に一歩も引こうとしない(ポン監督も同じで、ガンペに容赦のない要求をしていた。映画では妥協しないという姿勢か)。

二人の撮影現場をみていると、何故か対抗心というよりは、二人にとってどうしても必要な同化の儀式をしているのではないかと思えてくるのである。それが象徴的なのが干潟でのクライマックスシーンで、殴り合いを続けるうち全身泥まみれになって、遠目では見分けがつかなくなってしまう(この場面も白と黒の服装にするべきだった)。

二人の違いは、もしかしたら世間体を気にしているかいないかという部分だけかもしれない。もっともこれは、二人の属している世界の違いだろうか。俳優のスタは恋人のウンスンと会うのも人目をはばかってばかりだし、会えば真っ先に肉体を求めてしまうから、ウンスンとの間は険悪になるばかりだ。ガンペといえば、なりふりかまわず共演者のミナとのキスシーンを撮影前にリハーサルしてしまうし、強姦シーンでさえ、リアルに徹したつもりでいるのか、平然とやってのけてしまう(注1)。

一方私生活では、スタはウンソンとの密会をネタに強請られるが、それは結局先輩として長年付き合ってきたマネージャーの自作自演の犯行とわかる。が、そんなことも影響してか、ウンソンとの関係を隠そうとはしなくなるし、ガンペは獄中にいるペク会長の指示に逆らってまでパク社長殺しをためらい、そのことで窮地に追い込まれる(注2)。部下への温情(これは以前からだったかもしれないが)や、ミナとの関係の進展も映画の撮影が関係してのことらしい。

そもそも嘘で固めた映画が本物でないかというと、そんなことはないし、本物ばかりを撮った偽物映画はごまんとある。それくらいのことは誰もがわかっていて、それなのにこんな形で取り上げるはどうかと思うのだが、そういう意味での迷いはなく、私にはどこまでも映画のリアルさにこだわろうとするヘンな映画にみえてくる。だからか、撮影現場では相変わらず、「これは映画なのか」というような言葉が飛び交いながら、映画撮影と映画は進展していく(ただしその撮影されている映画の内容はほとんどわからない)。これは映画に対する真摯な想いなのか。それとも単なるアイデアの一つと割り切っているだけなのか。

そうして、それぞれ問題を抱えながら、先にも触れたクライマックスの干潟でのラストシーンの撮影となる。二人の執念がぶつかり合うこの場面は、リアルさを口にしているだけのことはある。が、素手での殴り合いがそう続くわけなどないから、二人が熱演すればするだけ、嘘の部分が多くなっていってしまうことになる。これで、二人の友情で終わるのか、と陳腐な結末を予想したところで、それを見透かしていたかのように、映画にはさらなる場面が付け加えられていた。

その場面とは、ガンペによる、唐突で残忍極まりないペク社長の殺害場面である。ここに至る過程のセリフがすごい。「すっかり俳優らしくなった」ガンペは、スタに行き先を聞かれて、「映画を撮りに」と答える。冗談としか思っていないスタは「カメラもないのに?」と聞き返すのだが、ガンペは「お前がカメラだ」と言うのだ。まるでこれから俺がやることをカメラになって全部記憶しておけとでもいうように。

所詮スタとは住む世界が違うのだ、映画は映画でしかない、であるのなら、ガンペの自首は不要になるが、そこまで彼を悪人にしなかったのは観客への配慮だろうか。何にしても、ガンペが少しは変わってきているような描き方をしていたので、これは思わぬ展開だった。

このラストがなければ、この映画の価値は半減していたことだろう。そうは思うのだが、このラストがもたらす不快感も相当なものがある。ガンペの行動は理解出来ないし、それにこれだと「短い人生、無駄にするな」(注3)ではなくなってしまうと思うのだが。

監督のチャン・フンはキム・ギドクの元で助監督をしていたという。そして製作・原案がそのキム・ギドクときき、なるほどそれで『悲夢』と通じる入れ子設定になっていたわけか、と。で、ついでに、同じようなわかりにくさがあることにも納得してしまったのだった。
———————————————————————————————————
注1:さすがにこれはどうかと思う。というかリアルとは関係ないか。好意を持っていたミナも泣いてしまっていた(もっともその前にミナは「あれって本当にやりませんよね」と訊いていたんだよな)。反対にミナの入水を目撃して、映画の撮影と気づかずに助け出してしまう場面がある。このあと二人が関係を持つことになるきっかけにもなっているのだが、これはガンペが脚本を読んでいないことになってしまうから感心できない。ガンペはミナに惚れていたのだろう、強姦の件もミナに謝ってはいた。しかし、そうはいっても撮影にかこつけてやったことを、そんなに簡単に許してしまっていいものだろうか。ついでながら、ウンソンの扱いもひどいものだった。が、彼女の場合は、スタの心境の変化で最後に救われる。

注2:殺さなかったパク社長の裏切りで、窮地に立ったガンペだが、しかし、ガンペもそのあとパク社長に手心を加えられていた(ペク会長からは許してもらえなかったようだが)。

注2:完全に立場が逆転してしまうが、しかし、ガンペもパク社長からまったく同じ扱いを受けるのだ(ペク会長からは許してもらえなかったようだが)。

注3:このセリフは二人が出会ったクラブで、「俳優を目指していた」と言うガンペにスタが返したもの。スタに共演を持ちかけられた時、ガンペにはこのセリフが頭をよぎっていたはずである。
———————————————————————————————————

原題:・・剩・髏€ ・・剩・、 英題:Rough Cut

2008年 113分 韓国 ビスタサイズ 配給:ブロードメディア・スタジオ PG-12 日本語字幕:根本理恵

監督・脚本:チャン・フン[・・弡・n 製作・原案:キム・ギドク[・€・ー・普n 撮影:キム・ギテ

出演:ソ・ジソプ[・護ァ€・ュ](イ・ガンペ/ヤクザの幹部)、カン・ジファン[・菩ァ€嶹・n(チャン・スタ/映画俳優)、ホン・スヒョン[嶹作・嶸пn(カン・ミナ/女優)、コ・チャンソク[・黴€・ス・掾n(ポン/映画監督)、チャン・ヒジン[・・彧ャ・пn(ウンソン/スタの恋人)、ソン・ヨンテ[・。・ゥ夋怐n(ペク/ヤクザの会長)、ハン・ギジュン[﨑懋クー・早n(パク社長)、パク・スヨン[・菩・・=n(イ室長/スタのマネジャー)

エレジー

シャンテシネ2 ★★★

■都合がよすぎてつけ加えた負荷

60を超えたじじいが30も歳下の美女に好かれてしまうという、男には夢としかいいようのない内容の映画である。原作はフィリップ・ロス。知性も名声もあるロスの実体験か。そんな話を聞かされても面白くはないが、でも、覗き見+なりたい願望には勝てない私なんであった。

自分は50人以上もの女性と付き合ってきたというのに、女の、50人以上からしたらたった5人の、それも「過去の」男であっても気になってしかたない。これは笑える(って、ただ私自身のことではないのと、そして自分でも同じようなことをやりかねない気分だからなのだが)。

男の失われた若さがそうさせている面もあるだろう。女のちょっとした言動にもやきもきしてしまうのだが、女は自分の家族に男を紹介しようとする。つまり本気。けれど、この恵まれた状況を、過去の人間関係にうんざりしている男は、見え透いた嘘で壊してしまうことになる。

話が少しそれるが、別れた妻との息子が、男の元に不倫の相談に来たりする。男は面倒そうにしている。この息子はファザコンなんだろうか。父親に不倫の相談というのも笑止千万なのだけれど、要するに、こういうやっかいな関係を昔作って今に至っていることを、男は後悔しているというわけだ。

また、別の女性(これまた自分の生徒だった時にものにしている。ただ相手も歳をそれなりに重ねているので老いを負い目に感じるようなことはない)と、長年にわたるある種の性的信頼関係が出来ていて(もっともこの女性も、女の存在に感づいて男を責めていた)、この理想的と思ってきた関係と、もしかしたら単なる若い女への欲望とを、比較しての選択だったか。

仲間の教授から注意されても、女との関係は断ち切れずにいたくらいで、だから男のこの感情は私にはわからなかった。もしかしたらこんな都合のよすぎる話では厚かましすぎると思ったのかもしれない(まさか)。

で、2年という時を経て女が再び男の前に現れる際に、男の老いに相当するような、乳癌という負荷を、女にもかけたのだろうか。

どちらも負い目を持った末に、純粋な愛という形を手にするというのがラストの海岸のシーンに要約されているのだけど(多分)、こじつけのような気がしてならなかった。

どうでもいいことだけど、ペネロペ・クルスは、ゴヤの「着衣のマハ」には似てないよねぇ。

原題:Elegy

2008年 112分 ビスタサイズ アメリカ 配給:ムービーアイ 日本語字幕:松浦美奈

監督:イザベル・コイシェ 製作:、トム・ローゼンバーグ、ゲイリー・ルチェッシ、アンドレ・ラマル 製作総指揮:エリック・リード 原作:フィリップ・ロス『ダイング・アニマル』 脚本:ニコラス・メイヤー 撮影:ジャン=クロード・ラリュー プロダクションデザイン:クロード・パレ 衣装デザイン:カチア・スタノ 編集:エイミー・ダドルストン

出演:ペネロペ・クルス(コンスエラ・カスティーリョ)、ベン・キングズレー(デヴィッド・ケペシュ)、パトリシア・クラークソン(キャロライン)、デニス・ホッパー(ジョージ・オハーン)、ピーター・サースガード(ドクター・ケニー・ケペシュ)、デボラ・ハリー(エイミー・オハーン)

英国王給仕人に乾杯!

シャンテシネ1 ★★★☆

■人生はどんでん返し=元給仕人の語る昔話

かつてドイツ人の村があったというズデーデン地方の廃墟に、15年の刑期を終えたヤン・ジーチェがやってくる。この男の語る昔話が滅法面白く、加えて演出も、無声映画風であったり、画面を札束や切手で飾ったり、裸の美女を適度?に配したりの、あの手この手を使ったサービス精神旺盛なもので、ウイットに富んだ作品となった。

駅のソーセージ売りだったヤンは、ホテル王を夢見て給仕人になり、プラハの高級ホテルの給仕長に上り詰めていく。ヤンは言うなれば世渡り上手。スクシーヴァネク給仕長のように、客の欲しがるものを見抜く才能こそないが、要領はいいし、運も味方してくれる。とはいえヤンが言うように「人生はどんでん返し」の連続なのだが。

もっとも、裸女を札束や料理で飾り付ける変な性癖はあるし、小銭をばらまいてはそれを拾おうとする金持ちたちを見て人間観察の目を養う(たんに優越感に浸りたかっただけとか)っていうのだから、ヤンに感情移入とまではいかない。

欲望にとらわれた人間の生態を面白可笑しく語る流れのまま、話はいつのまにかヒトラーの魔の手が伸びたチェコという複雑な歴史の側面に及ぶ。が、深刻な話であっても語り口はあくまで軽妙で、息苦しさとは無縁だ。

ドイツ人娘リーザとの困難な結婚から、優生学研究所に勤めたことで仕入れた話など、どこまでが本当なのだろうと思うくらい興趣にあふれたもので、あきさせることがない。この優生学研究所は、富豪用のお忍び別荘だったチホタ荘が接収されて出来たのだが、戦争末期は傷病兵の療養所に変身している。裸女たちがプールで優雅に侍っていたのに、それが手足のない傷病兵に置き換わってしまう描写がやたらリアルなものに見える。

リーザが集めていた切手で手に入れた戦争後のホテル王の地位は、チェコスロバキアの共産化で、束の間の夢どころか牢獄行きとなってしまい(顔なじみの金持ちたちと一緒になれて、それもヤンには楽しかったようだが)、その刑期あけが、廃村で暮らすヤンというわけだ。

ただ、その割には昔を語る現在のヤンの立ち位置が曖昧というか、まあそこらへんは本人も自覚していないから、鏡を部屋にいくつも並べた自問自答場面となるのだろうか。

その現在の部分に割り込んできた、大学教授と一緒にやってきたという若い女の存在も、何かが起きそうな予感をいだかせただけで去って行ってしまうのは、昔のことならいくらでも面白可笑しく語れるが、さすがに進行形のものとなるとそうもいかないということか。あるいはこれも、全篇に共通するこだわりのなさのようなものか。

英国王給仕人だったのはスクシーヴァネク給仕長で、本人はそうではないから題名の『英国王給仕人に乾杯!』は違和感があるが、昔話なんて所詮脚色されたもの(英国王給仕人だったとは言っていないが)、という意味にとれば合点がいく。

 

原題:Obsluhoval Jsem Angkickeho Krale 英題:I served the King of England.

2006年 120分 ビスタサイズ チェコ/スロバキア 配給:フランス映画社 日本語字幕:松岡葉子 字幕協力:阿部賢一

監督・脚本:イジー・メンツェル 製作:ルドルフ・ビエルマン 原作:ボフミル・フラバル 撮影:ヤロミール・ショフル 音楽:アレシュ・ブジェジナ

出演:イヴァン・バルネフ(青年期のヤン・ジーチェ)、オルドジフ・カイゼル(老年期のヤン・ジーチェ)、ユリア・イェンチ(リーザ)、マルチン・フバ(スクシーヴァネク給仕長)、マリアン・ラブダ(ユダヤ人行商人ヴァルデン)、ヨゼフ・アブルハム(ブランデイス)、ルドルフ・フルシンスキー(チホタ荘所有者チホタ)、イシュトヴァン・サボー、トニア・グレーブス(エチオピア皇帝)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

2007/09/02 新宿ミラノ1 ★★☆

■ヱヴァンゲリヲンて何なのさ

ヱヴァンゲリヲンが何なのかをまったく知らずに観たものだから、狐につままれたような状態のまま幕となった。何しろ「しと」が「使徒」だということがうまく頭に入らずにいたくらいなのだ(わかっても理解できていないのだが)。

セカンドインパクトとか第3新東京市って言われてもねー。昔のテレビ版の観客を対象にしていると言われてしまえばそれまでだけど、「新劇場版」と銘打って4部作として作り直したそうだから(これも見終わってから知ったのだ)、新しい観客のためにもう少しは説明してくれてもいいのではないか。それとも4部作を通せばすべてがわかるのだろうか。

ただ、内容的には嫌いではないので、わからないながらも楽しんで観てしまったのだけど。物語の流れは単純だから理解しやすいのだが、こういう作品は細部がどうしても知りたくなるのだな。

だから地下から超高層ビルのあらわれる第3新東京市というのがあまりに非現実的で、ちょっと引いてしまう。怪獣?(使徒)対怪物?(ヱヴァンゲリヲン)が東宝怪獣映画やウルトラマン路線の、巨大でかつ同スケール対決なのにも笑ってしまって、どういうわけか対戦場面では『大日本人』を思い出してしまったものだから困ってしまったのだ。シンジが何者かということを同級生までが知っているという部分も同じなんだもん。あと個人的には第3新東京市の上に陣取って地下攻撃を仕掛けるキューブのような物体に、手も足も出ないという設定もどうもね。

ヱヴァンゲリヲンを操縦できるのは特殊な能力が必要らしく(これもちゃんと説明してくれー)、でもそれが碇シンジというまだ14歳の少年で、実はヱヴァンゲリヲンの開発者が彼の父ゲンドウで、なんでもパイロットとして引っ張り出された時、その父とは3年ぶりの対面だったという、ずいぶんな話。

ヱヴァンゲリヲン初号機のパイロットがシンジと同級生の綾波レイという少女で、シンジのまわりには他にも女性ばかりが目に付くのは目をつぶるけど、こういうのもテレビ版と同じなのか。なのにシンジは「なんでぼくなんだ」「乗ればいいんでしょ」「怖い」ってずーっと言いまくっていた。彼が綾波の言動や同級生の励ましなどで変わっていくという成長物語なのはわかるが、この作品だけでは、ちょっとはしっかりしてくれよ、という気分になってしまう。

敵が不意に襲ってくる状況下なのに、普通に学校生活を送っているというのも妙だし(第3新東京市はそのために防災都市になっているようだが)、綾波に渡しそこねたIDカードをシンジが届けるというのもヘタクソすぎる挿話だ。

何にしても、人類補完計画、ヤシマ作戦、すべてはゼーレのシナリオ通りに、あと8体(そんなことがわかるのか)の使徒を倒さねば、などの言葉全部がわからないのだから、これ以上書いても笑われるだけのような気がしてきたので、ヤメ(でも次も観るぞ)。

  

2007年 98分 ビスタサイズ 配給:クロックワークス、カラー

監督:摩砂雪、鶴巻和哉 総監督・原作・脚本:庵野秀明 演出:原口浩 撮影監督:福士享 美術監督:加藤浩、串田達也 編集:奥田浩史 音楽:鷺巣詩郎 CGI監督:鬼塚大輔、小林浩康 キャラクターデザイン:貞本義行 テーマソング:宇多田ヒカル『Beautiful World』 メカニックデザイン:山下いくと メカニック作画監督:本田雄 効果:野口透 作画監督:松原秀典、黄瀬和哉、奥田淳、もりやまゆうじ 色彩設定:菊地和子 制作:スタジオカラー 総作画監督:鈴木俊二 特技監督:増尾昭一 新作画コンテ:樋口真嗣、京田知己

声の出演:緒方恵美(碇シンジ)、三石琴乃(葛城ミサト)、山口由里子(赤木リツコ)、林原めぐみ(綾波レイ)、立木文彦(碇ゲンドウ)、清川元夢(冬月コウゾウ)、結城比呂(日向マコト)、長沢美樹(伊吹マヤ)、子安武人(青葉シゲル)、麦人(キール・ローレンツ)、関智一(鈴原トウジ)、岩永哲哉(相田ケンスケ)、岩男潤子(洞木ヒカリ)、石田彰(渚カヲル)

エレクション

2007/01/28 テアトル新宿 ★★☆

■静かな男が豹変する時……

5万人もの構成員を擁する和連勝会という香港最大の裏組織では、2年に1度行われる幹部会議での次期会長選挙が近づいていた。候補者は、年長者からの人望が厚いロク(サイモン・ヤム)に、強引に勢力を広げてきたディー(レオン・カーファイ)。選挙とはいえ裏工作はすさまじく、単なる穏健派と武闘派という枠を超えた闘いになっていた。

過半数を抑えていたはずのディーだったが、なりふり構わぬ賄賂などを長老幹部のタン(ウォン・ティンラム)に指摘され、ロクに破れてしまう。納得できないディーは、自分の意に添わない者を報復し、前会長のチョイガイには会長職の象徴である竜頭棍をロクに渡さないよう脅す。

ここからはこの竜頭棍をめぐっての争奪戦が始まるのだが、冷静に考えれば、じゃあ一体選挙はなんだったのだ、と思ってしまう。一連の不穏な動きに警察が口をくわえているはずもなく、ディーやロクを含めた和連勝会の幹部たちは次々に逮捕されてしまうが、すでに竜頭棍の争奪戦は部下たちによる争いになっていた。映画のかなりの時間を占める広州(チョイガイの命で竜頭棍は本土に渡っていた)から香港に至るこの争いは、登場人物が入り乱れて少しわかりにくいのだが、下部組織ではお互いに敵か味方かの区別さえ定かでないという馬鹿らしい状況は演出できていた。

これだけの争いを繰り広げながら、結局は手打ちのようなことになって、何とも重々しい儀式が執り行われるのだが、竜頭棍といい、この儀式といい、まったく理解不能。常に組織のまとめ役を意識しているロクや、最終的に竜頭棍を手に入れた頭脳的なジミー(ルイス・クー)が幹部への道を約束されたことで儀式を利用するのはまだしも、「新和連勝会」を立ち上げて宣戦布告までしたディーが神妙な顔つきをしてその場にいるのである。

ロクから次の会長選での支持を約束されたディーは、ロクと肩を並べるようにしてしばらくは我が世を謳歌していたが、調子に乗って「俺たちも会長を2人にしねえか」とロクにもちかけたことで、ロクの本性が剥きだしとなる恐ろしい結末を迎えることになる。

ロクの豹変ぶりは、いままでの彼の性格からは想像しにくいだけに恐怖度が高い。しかも殺しの手口は銃などではなく、一緒に釣りに行った先にころがっていた何ということもない大きな石で、しかしその行為の執拗さは狂気を思わせるものだ。ディーに必要以上にハイテンションな演技をさせていたのはこのラストシーンのためだったか。あれだけ暴れまくっていた(しかしそうはいってもやはり幼稚でしかない)男のあまりにあっけない最期。ロクはディーの妻も同じように殺して埋めてしまうのだが、その一部始終を彼の子供が見ているという、なんとも居心地の悪い場面まで用意されている。

ラストに限らずヒリヒリするような痛みを伴う映画ではあるが、意味のない竜頭棍の争奪戦や儀式が、それをぶち壊していないか。意味のないことを繰り返していることに批判の矛先があるのかもしれないが、私には興味のない世界でしかなかった。

【メモ】

中国黒社会の源流が少林寺にあるというようなことがいわれていたが、その真偽はわからない。ただ「漢民族の名の下に……」という部分は本当らしい。HPには「組織の歴史は17世紀にさかのぼる。満州族の清王朝支配を打倒し、漢民族王朝を復活するために、血の誓いを交わして結ばれた秘密結社として発足」とある。

原題:黒社會 英題:Election

2005年 101分 シネスコサイズ 香港 R-15 日本語版字幕:■

監督:ジョニー・トー[杜(王其)峰] 製作:デニス・ロー[羅守耀]、チャールズ・ヒョン[向華強]、ジョニー・トー 脚本:ヤウ・ナイホイ[游乃海]、イップ・ティンシン[葉天成] 撮影監督:チェン・チュウキョン[鄭兆強] 音楽:ルオ・ダーヨウ[羅大佑] 編集:パトリック・タム[譚家明] 衣装:スタンレー・チョン[張世傑] 美術監督:トニー・ユー[余興華] スチール:岡崎裕武

出演:サイモン・ヤム[任達華](ロク)、レオン・カーフェイ[梁家輝](ディー)、ルイス・クー[古天樂](ジミー)、ニック・チョン[張家輝](フェイ)、チョン・シウファイ[張兆輝](ソー)、ラム・シュー[林雪](ダイタウ)、ラム・カートン[林家棟](トンクン)、ウォン・ティンラム[王天林](タン)、タム・ビンマン[譚(火丙)文](チュン)、マギー・シュー[邵美(王其)](ディー夫人)、デヴィッド・チャン[姜大衛](ホイ警視)