僕は妹に恋をする

新宿武蔵野館1 ★★

■2人は禁断の恋に生きることを選ぶ

同じ高校に通う双子の兄妹の頼(松本潤)と郁(榮倉奈々)。小さい時から結婚を約束するほどの仲良しだったが、最近の2人は「頼に冷たくされるのに慣れた」という郁の独白があるように、どこかギクシャクしていた。同級生の矢野(平岡祐太)に告白されたものの、頼のことが好きでたまらない郁は、返事を先延ばしする(ひどい話だ)。

実は頼も郁がどうしようもなく好きで、そのことはとっくに矢野に見透かされていた。矢野に郁のことはあきらめないと言われたからかどうか、頼は郁に自分に嘘はつけないと迫り、関係を持ってしまう。

禁断の愛だけにそこに至るまでが難関と思っていたら、それはあっさりクリア。話は想いを確かめ合ってからのことに移る。もっとも内容は結ばれる前に予習済みであるはずの罪悪感といったものだ。母親(浅野ゆう子)も何かを察知するが、なんのことはない、彼女はもう1度だけ顔を出すがそれで終わりだ。

兄妹が恋愛感情になることが理解できないからかもしれないが(でも、双子となると? 生まれる前からずっと一緒、というセリフがあったけど、なるほどそこまでは考えなかったな。何か違うものでもあるのだろうか)、主役の2人よりは、郁に恋する矢野と頼に恋するこれまた同級生の楠友華(小松彩夏)の立場の方が私には興味深かった。

郁に好かれたいと想いながら、それは叶わないと諦念しているのか、お前がゆれたらお終いだと頼に説教する矢野って一体なんなのだ。あとの方でも妹だろうが誰だろうが、好きなんだったら自分の気持ちをごまかしてはダメだというようなことを言う。そんなカッコつけてる場合じゃないのに。

楠も頼と郁のことをわかってての恋(キスシーンまで覗いている)だから、矢野と似ている。どころか、郁に「兄妹でなんておかしい」と説教するだけでなく、頼には「郁の代わりでいいから」と、まるで近親相姦阻止が楠の使命かのような行動に出る。頼にしつこくつきまとい、彼から「好きでなくてもいいなら付き合う」という言葉を引き出し、関係を持つ(ラブホテルに誘ったのは頼だけどね)と、郁の前で頼と付き合っていることをバラしてしまう。去った郁を追いかけようとする頼に言うセリフがすごい。「殴っていいよ。嫌われているうちは、頼は私のものなんだから」

もっとも矢野と楠がいくら頑張っても、頼と郁の2人の世界には入っていけない。2人は仲直りをし、幼い時に「郁は僕のお嫁さんだよ」と頼が結婚宣言をした草原へと向かう。が、トンネルの先にあるはずのその場所は、造成地に変わっていた。

結末の付け方は誤解を招きそうだ。造成地を見て、2人はもう昔には戻れないことを知る。おんぶが罰のジャンケンゲームを繰り返したあと、「俺嘘ついちゃったな、郁をお嫁さんなんか出来ないのに」という頼。キスして、好きだと言い合って、手をつないで歩いて行くのだが……。

登場人物も少なければ、話も入り組んでいない。それが全体に長まわしを多用し、じっくりと人物を追うといった演出を可能にしている。でも、ここは他と違って性急だ。そう思ってしまったのは、2人は関係を清算するのだと解釈してしまったからなのだが、しかしよくよく思い返してみると、昔に戻れないことと、お嫁さんにはできないということは言っているが、2人の関係までをまるごと否定しているのではない。これはやっぱり自分たちの気持ちに嘘はつかないという決意表明としか思えない。

わからないといえば、もっとはじめの方で「私たちはどうして離ればなれになったのか」という郁に、頼が「俺は離ればなれになれてよかった、そのおかげで郁が生まれてきてくれたんだから」と答えている場面がある。2人は離ればなれになったことがあったのか。それとも2人にとっては、生まれてくることが離ればなれになることとでも。

双子の気持ちはわからんぞ。というのが1番の感想だから、矢野と楠が消えてしまうと、私にはとたんに冗長なものでしかなくなってしまう。仕方ないのだけど。

  

【メモ】

頼と郁は同じ部屋の2段ベッド(上が頼)で寝起きしている。母親の疑惑は頼と郁が学校に出かけたあとのベッドメイクから。同室なのは、母親が仕事を始めたのが遅いらしく(父親の不在についての言及はない)、本採用でないから(収入が少ないから)と本人が言っていた。

2006年 122分 ビスタサイズ PG-12 

監督:安藤尋 製作:亀井修、奥田誠治、藤島ジュリーK. プロデューサー:尾西要一郎 エグゼクティブプロデューサー:鈴木良宜 企画:泉英次 原作:青木琴美『僕は妹に恋をする』 脚本:袮寝彩木、安藤尋 撮影:鈴木一博 美術:松本知恵 編集:冨田伸子 音楽:大友良英 エンディングテーマ:Crystal Kay『きっと永遠に』 照明:上妻敏厚 録音:横溝正俊 助監督:久保朝洋
 
出演:松本潤(結城頼)、榮倉奈々(結城郁)、平岡祐太(矢野立芳)、小松彩夏(楠友華)、岡本奈月、工藤あさぎ、渡辺真起子、諏訪太朗、浅野ゆう子(結城咲)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です