5:00~5:15? 7:50起。曇。

激しい雨の音で目が覚め、外の様子なども確認したのにまた眠っていた。連休の遊び過ぎ疲れか?

H家の足場解体は、13時ころには終わる。

「1週間程度またはそれ以上かかる場合もあ」ると書いてきたGoogleだったが、もう返事が来た。もっとも申し立ては却下で、これも自動返信メールと間違えそうな、というかただの定型の文書でそっけないもの。

お客様

ご連絡いただきありがとうございます。追加の情報を提供していただき、また AdSense プログラムのご利用をご要望いただきありがとうございます。しかしながら、アカウントのデータを再度確認し、ご意見を検討しました結果、お客様の AdSense アカウントの再開は不可能であることが確認されました。

申し立てに対する決定が下された後は、本件に関するいかなるご連絡にも対応いたしかねます。なお、Google 利用規約の違反によりアカウントが無効となった AdSense のサイト運営者様は、今後 AdSense にご参加いただくことはできません。そのため、このようなサイト運営者様は新しいアカウントを開設することもできません。

また、無効なクリックが原因でアカウントが無効となった場合、以後のお支払いの発行は停止され、以前のお支払いの再発行もお受けできません。お客様の未払い残高と Google に分配された収益はすべて、影響を受けた広告主に払い戻されることになります。何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

アカウントで検出された無効な行為に関して詳しい情報をご希望かと存じますが、Google 独自の検出システムを保護するため、サイト運営者様にアカウントの詳しい状況をお知らせすることはできません。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

Google AdSense チーム

私からの異議は、まとまりがないが(これはGoogleの設問の仕方も悪いのだけど)、次のようなもの。

気になる広告をついクリックしてしまったことはあるが、これは不可抗力ではないか? 無効なクリックとわかるのなら、それをカウントしない方法はないのか? 5年以上やって(もっとかも)たかだか2000円程度の収益しかないし、その請求をしたこともないくらいなので、「無効なクリックが検出され」 たという指摘は、意味がわからない。本人でない(別のPC)クリックが怪しいとされるなら、悪意(もしかしたら善意ということも?)で使われないか?

といったようなもの(まったく同じものではない)。あと「少なくとももう少し情報がもらえないと、逆にGoogleへの不信感が増してしまいそう」とも書いた。

これだけ異議の申し立てをいろいろ書かせておいて「独自の検出システムを保護するため」という理由で、何も答えてこないのは横柄きわまりない。ヒントくらいはくれてもいいんじゃないか。

支払が無効というのもねー。「無効なクリックが原因」 であるにしても、無効クリックが検出される前のものはまで支払わないという理屈は通らない。「お客様の未払い残高と Google に分配された収益はすべて、影響を受けた広告主に払い戻される」というが、5年も前のもの広告主すべてに返却は不可能なはず。「すべて」「払い戻される」と、誰がどう判断しているんだろ。

ま、こんな細かいことまで言い出したらキリがないし、そこまでは私だって求めてないが、少なくとももう一度くらいは、こちらの言い分を聞くべきではないか。「いかなるご連絡にも対応いたしかねます」って、馬鹿にしてるよね。例えば支払についてなら「検出システム」に触れなくても答えられるはずだし……。

今日は、もうひとつ頭にくることがあった。それは●の対応だ。

担当医からは連絡をくれることになっていたのにそれっきりで、仕方なく約束の最終日に電話をこちらから入れれば休んでいると(週1しかない外来診療日なのに)。そして、伝言はできない、のだと。今日ならいるというので朝電話をすれば「14時までは手術なので、それ以降に」。14:15に電話をすると「まだ手術中」……。「伝言は受けられない」……。

そばにいた私は、やりとりを聞いているだけで頭に来てしまい、家人から電話を奪うようにして文句を言ってしまう。

そちらから連絡をくれないのに、何度電話しても不在で、確実にいる時間も不明。それでいて伝言もできないというのはどういうことなのか。病院としてのシステムからしておかしいと言うと、また「手術中なので」。

私の言いたいことを理解してないし、だいたいがそちらのミスなんだからと爆発大噴火すると、受付の女性はさすがにいけない思ったか、しばらくお待ちいただけますか、になり、やたら待たされはしたが、出てきたのだった! 手術中の本人(担当医)が! 

ま、それ以上の文句は止めて(言いたかったが医者相手というのがねぇ。患者は私じゃないし)、家人に電話は戻したけど……(にしても文句を言い続ければ出てくるのかよ!)。

複雑な説明を求めているわけではないのに、伝言できないの一点張り(これは医師の意向と思われる)は、どう考えても傲慢でしかないと思うのだが。

あとから聞けば、また9/29に●まで行き、紹介状を持って■、ということになったようだ。

紹介状ったって系列病院なのにね。HPだと、この担当医は●の外来は1日だけで、■では顔入りで紹介されているのである。

Googleもだけど、なんか冷たいよな。

掃除、ピ:35、腹囲:81.2、体重:58.2kg、体脂肪:19.7、歩数:6213。

(0) Comments    Read More   

16:50起。晴時々曇。

早起きしてしまったので宿の近辺を散歩(30分ちょっと)。

写真3:「この先は、この山一の繁華街」。写真3:朝なので閑散としているが、メインストリートです! 写真5:山楽荘の入口。右は日の出山への道(20年?前は日の出山からきて御岳は素通りしていっただけ。メインストリートは通ったけど)。

9:30に宿をあとにし、ケーブルとバスで御嶽駅まで。コンビニで昼食を仕入れて、すぐ下の御嶽渓谷へ。

ここには11時すぎから16時すぎまで。たっぷり川遊び。もっとも私は足すら水につけなかった(老人の証拠だ)。

写真6、7:ケーブルで滝本まで。一直線だからあっという間。

写真8:駅からすぐ下の渓谷へ。写真8:最初は上流の方に少し歩くが、適当な場所がなく(って、そう探してもいないのだが)、ほんとうに駅から一番近いくらいのところに落ち着く。写真10、11:下から見た橋と、橋から見たずーっと居座って遊んでいたところ。

ところで、今回の旅行は次女一家の招待なんだって。ありー。まー。と驚きながらもありがたく招待されちゃったのだった(真ちゃん、ありがと!)。

くたくたな孫たちは森下で下車、私たちも夕食は菊川で簡単にすませて家に。

帰宅後、シャワーを浴びてからはひたすらテレビで五輪観戦。

そうだ。窓閉め、戸締まり確認で出かけたつもりだったが、2階の窓が開いていたって……。う(私が窓閉めをしたのだった……)。

水やりもしていないから1階はともかく屋上の雑草たちはさすがにまいっているのでは、と思ったのにこれが元気。あれ、水が5センチは溜まってるぞ?

ということは、2階の窓から雨が相当吹き込んだかもしれないのにその痕跡はなく、それに、だとしてもとっくに乾いてしまったんだろうな。戸締まりについては反省するしかないんだけど。

ピ:40、腹囲:81.0、体重:58.9kg、体脂肪:18.7、歩数:10900。

(0) Comments    Read More   

7:00起。曇のち雨。

朝風呂。なのは、昨日、私が「湯ばり」にしないでお湯を張ってしまったため(失敗が多いんだな)。けど、さっぱりして気持ちいい。

60度で溜めてしまったお湯は、ストップがかからなかったから量も多めだったこともあるが、やっとちょうどいい温度になっていた。

昨晩は、全部を薄めるのは非効率と、湯桶にとったものを薄めて、だった。抜けてる私は、途中で薄めるのを忘れて手桶から体にかけてしまい……うおあっちっちっちっちち(失敗が多い)。60度なんでセーフだったが。

TOTOの魔法びん浴槽の威力を実感。別の部分で文句もいろいろあるのだけれど。

川島小鳥『未来ちゃん』★★★★☆(ナナロク社、2011-2)を見る。もったいなくて3日もかけちゃったよ。

前に何か(写真雑誌?)で見た時は、数枚のパラ見だったので、主人公(女の子)の目力がこの写真集の魅力と思っていた。が、じっくり眺めていくと女の子の存在だけではない面白さがあちこちに鏤められているではないの。

背景や小道具にも神経が行き届いていて、スナップ写真(的に撮ったのももちろんあるのだろうが)ではないスナップ写真なのだと、目を見開かされた。

撮影現場を覗いてみたいものだ。場所はあらかじめロケハンしとくにしても、「未来ちゃん」をどう演出したんだろ。CG的な構成のもあるし……。

この人只者じゃないね。川島小鳥という名前からしてぎゃふん!なのだった。

家人はFクリニックで検査の結果をもらい、午後はあそか病院へ。あそかにはMRIがなく、また担当医の対応もいまひとつだったらしい(詳細は聞いているが自分のことではないので略。見当違いの怒りになってはいけないのでね)。

日よけの排水口に落ち葉が溜まって、すでに溢れてきているらしく、へんなところから水が垂れているのに気づく。棒でつついて水はすぐ流れてくれたのだが、溜まっていた水はバケツ2杯近くもあった。

これだけ重量がかかっちゃっては……なんだけど、大事に至らなくてよかった(気をつけてなきゃいけないってことね)。

サッカー観戦。対オーストラリア(1-1)。審判には最後の最後まで何度も水をさされたが、スピードがあって見応え十分。

ピ:30、ス:50×2、ひ:30×5、ダ:30×3、腹囲:79.2、体重:56.2kg、体脂肪:21.4、歩数:6193。

(0) Comments    Read More   
  • Links

  • 2019年11月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930