1:50~3:30、6:30起。晴。

次女と真ちゃんとで試写会に行くというので、果太と葉子をわんぱく天国へで遊ばせる、というのが家人の計画。

で、まあ、それにつき合うことになったのだが、大横川親水公園を通ったものだから、もうここでいいって。というか、ここがいい、と二人とも断固として動こうとしなないのだった(わんぱく天国はともかく、ソラマチくらいはのぞきたかったんだが)。

水遊びも沢山できたし、確かにこっちの方が楽しいかも。わんぱく天国ってGoogleの航空写真だと小公園にしか見えないんだもの。

写真1:魚が沢山。これを見ちゃったからねー。写真6:大きいのを捕まえたから写真に撮って、と。写真3:目的地はあのスカイツリーのちょっと先なんだけど。写真8:この滑り台でも延々と遊んでいた。写真11:鳩も暑いらしい。写真13:公園の最後を出ると、もうスカイツリーなんだけどね、ここまでも来やしない……。ま、いいか、もう……。写真15:最近増えているという人をあまり警戒しない雀。

夕方に戻り、次女と真ちゃんが来たところでジョナサンへ。

写真16:次女一家と別れた直後。夕闇の飛行機雲。

★めがてんニュース★

キリストがサルに変身? トンダ“修復”に世界騒然 2012.08.24

 スペイン北東部の町ボルハの教会に飾られているキリストの宗教画が、地元の女性に修復され全く違う絵に変わってしまい、世界中から注目を集める騒ぎになっている。

 絵は同国の画家、エリアス・ガルシア・マルティネスが1910年に描いたフレスコ画。色がはげ落ちるなど傷みが激しくなっていた。

 地域の文化研究センターの職員が修復の下調べに教会を訪れたところ、すっかり変わってしまった絵を発見。調べた結果、信者の80代の女性が善意で修復作業に取りかかり、もじゃもじゃ頭に平板な顔の表情で、サルにそっくりな人物に変えてしまったことが分かった。女性はアマチュアの画家で、絵画修復の経験は無く、無造作に絵の具で新たな顔を描いたという。

 地元メディアの取材に女性は「教会は修復作業を承知していた」と述べたが、画家の子孫は「絵が破壊された」とショック。町当局はプロによる再修復を検討している。

 すっかり有名になった“最悪の修復画”。国内外から「そのままにしておくべきだ」との声も上がっている。

ま、修復という概念が違っただけとなんで、「キリストがサル」というのはあり得ることにしても(常識的にはないが)、巻物の下がああいうふうにはまるまらないものね(意図して描いたのなら只者じゃないよね)。これこそが一番の問題ではないかと私は思うのだけれど。

ピ:35+120、歩数:8028。自転車:70。

(0) Comments    Read More   

6:40起。布団は薄手のに戻した。晴。掃除。

 

写真1、2:少し前まで見事な花を沢山付けていたヘクソカズラなんだけど……。写真2、3:今年一番の失敗はこのシソ。葉が手強くて薬味にしかならなかった。対象もカメラも違うので同じには見えないけど一鉢のみ。写真5、6:荒れ放題のプランター。イチゴも何もしていない。というか、どうすりゃいいんだろ。

家人の用で図書館へ行く。未返却本があって貸し出しできません、と。で、とんぼ返り。だから出かける時にパソコン雑誌は返却しなくていいのかと念を押したのにぃ。って、気持ちのいい日に自転車で出かけるのはうれしいんで、ま、これはこれでいいんだけどさ。

通りを出て少し行くと、なにやら大音量が……。孫たちの保育園からで、運動会の練習の音なのだった。めちゃくちゃはりきっている果太は発見できたが、葉子はどこにいるんだろ。しばらく捜していたが、果太に気づかれてしまったので退散。

 

永六輔『あの世とこの世』(朝日新聞社、2000年)を読む。日記(2)アップ。

★めがてんニュース

トーゴ代表 やっぱり全員が偽物だった SPORTS NIPPON NEWSPAPERS 2010年10月06日
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/10/06/16.html

「試合は3-0でバーレーンが勝利したが、後半戦になって「トーゴ代表」がバテバテ状態になり、プロとは思えぬふがいないプレーが目立ったことから疑惑が浮上」……?? って、それより国の代表のニュースなのにトーゴでは流れていないのかしら。

★滝沢伊代次(たきざわ・いよじ=俳人)、5日死去、85歳。

 

(0) Comments    Read More   

5:50起。朝まで雨が降っていたが曇。けど、雲は天高く、スカイツリーがくっきり。エダマメ55莢。エダマメはこれでおしまい。日記に付けていた数を合計すると550莢。一応元はとれたか。

★めがてんニュース

直径20ミリ以上だめ? 神戸市の印鑑条例改正へ
2010年9月23日(木)11:08
http://news.goo.ne.jp/article/kobe/region/T20100923MS01750A.html

ブックリブックスに注文。はいいのだが、それは「自動返信の注文の写しメールは届きましたが受注確認メールが届きません」という客からのメールで分かる。写しの[オーダー日時] は2010/09/20 01:13:52。うーん? 悪いことしちゃったなぁ。とはいえ、自動返信メールが私に届いてないとなると、こちらとしては手も足もでないんでね。

テストで注文してみると、ちゃんと届くんだよな。はてさて?

ついでにブックリブックスの注文ページを数カ所訂正(代引き料金他)し、日時指定には原則応じられない旨を追加。代引きは郵便局の場合250円なのだが、そこから振込料も引かれてしまうので、ずっと持ち出しだったのだ。

★橘祐典(たちばな・ゆうてん=映画監督)、22日死去、77歳。★エディ・フィッシャー(Eddie Fisher=米歌手)、22日死去、82歳。

 

(0) Comments    Read More   
  • Links

  • 2019年11月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930