2009年 映画ベスト10

2010年1月4日 月曜日

173本(日本映画66本、外国映画107本)の09年鑑賞数(内短篇6、DVD等は0)からの選出(明らかな旧作は除外した)。

結局ブログは去年も8月のはじめで挫折したまま(短評にして再挑戦という構想だけはあるのだが)。で、書き残しておかないと恐るべきスピードで記憶が薄れていく……。

なんで、今回は観た時の気分、つまりその時つけた★の評価を優先して、わりと機械的に選んでいる(10以外の作品は観た順)。評価を変えたくなったものもあるが、そんなことをやりだしたらキリがないのでね。どうせ目配せの行き届いたベスト10など選べないのだからいっそ潔く(にしてはうじうじしてるよなぁ)。

日本映画
1 ディア・ドクター(西川美和)
2 ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ(根岸吉太郎)
3 重力ピエロ(森淳一)
4 少年メリケンサック(宮藤官九郎)
5 罪とか罰とか(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
6 インスタント沼(三木聡)
7 誰も守ってくれない(君塚良一)
8 ヤッターマン(三池崇史)
9 禅 ZEN(高橋伴明)
10 沈まぬ太陽(若松節朗)

1は★★★★☆。2から5までが★★★★。6からは★★★☆。番外の★★★☆は『サマーウォーズ』(細田守)、『しんぼる』(松本人志)、『ホッタラケの島 遥と魔法の鏡』(佐藤信介)。★★★は『旭山動物園物語 ペンギンが空を飛ぶ』(マキノ雅彦)、『今度の日曜日に』(けんもち聡)、『劔岳 点の記』(木村大作)、『宮本武蔵 双剣に馳せる夢』(西久保瑞穂)、『色即ぜねれいしょん』(田口トモロヲ)、『ノーボーイズ、ノークライ』(キム・ヨンナム)、『湾岸ミッドナイト THE MOVIE』(室賀厚)、『クヒオ大佐』(吉田大八)、『こまどり姉妹がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!』(片岡英子)、『サイドウェイズ』(チェリン・グラック)、『大洗にも星はふるなり』(福田雄一)、『ゼロの焦点』(犬童一心)
外国映画
1 愛を読むひと(スティーヴン・ダルドリー)
2 アバター(ジェームズ・キャメロン)
3 母なる証明(ポン・ジュノ)
4 レスラー(ダーレン・アロノフスキー)
5 チェイサー(ナ・ホンジン)
6 グラン・トリノ(クリント・イーストウッド)
7 チェンジリング(クリント・イーストウッド)
8 ダウト あるカトリック学校で(ジョン・パトリック・シャンリィ)
9 レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで(サム・メンデス)
10 ザ・バンク 堕ちた巨像(トム・テイクバ)

1から3は★★★★☆。4以下は★★★★。10にもれた★★★★は『ウォッチメン』(ザック・スナイダー)、『ワルキューレ』(ブライアン・シンガー)、『イングロリアス・バスターズ』(クエンティン・タランティーノ)、『私の中のあなた』(ニック・カサヴェテス)。★★★☆は『英国王給仕人に乾杯!』(イジー・メンツェル)、『ティンカー・ベル 日本語吹替版』(ブラッドリー・レイモンド)、『チェ 28歳の革命』(スティーブン・ソダーバーグ)、『チェ 39歳 別れの手紙』(スティーブン・ソダーバーグ)、『ディファイアンス』(エドワード・ズウィック)、『フロスト×ニクソン』(ロン・ハワード)、『スラムドッグ$ミリオネア』(ダニー・ボイル)、『コネクテッド』(ベニー・チャン)、『湖のほとりで』(アンドレア・モライヨーリ)、『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』(ウェイン・クラマー)、『ジェイン・オースティン 秘められた恋』(ジュリアン・ジャロルド)、『インフォーマント!』(スティーブン・ソダーバーグ)、『ジュリー&ジュリア』(ノーラ・エフロン)、『2012』(ローランド・エメリッヒ)

こうして選び出してみると、外国映画の方が★半個分(☆)評価が高くなってしまうようだ。世界を相手にしたらそれも致し方なしか(もっとも日本と世界を区別する垣根も次第になくなっていくだろうから、そのうち同じ土俵で評価することになるのかなぁ)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です